弁護士に相談

売掛金回収を弁護士に相談するメリットは、以下のように数多くあります。なにより、効率的かつスピーディーに解決可能なことです。第三者が介入する事で、当事者同士で停滞していた交渉が一気に前に進むからです。また、弁護士は債権回収などの問題解決のプロです。豊富な知識・ノウハウを持っていますから、状況に応じて適切な回収方法を提示してくれます。

さらに、円満な解決も期待できます。弁護士はその豊富な知識・ノウハウに基づき様々な選択肢を適切なタイミングで提示してくれますから、債権者の望む展開に交渉を運ぶ事が可能なのです。加えて、弁護士に相談する事で選択肢が広がります。問題解決のプロである弁護士に任せれば、債権者が自分で考えても思いつかなかったような選択肢が提示される事でしょう。そして、弁護士に相談しておけば民事裁判に発展しても安心です。弁護士は債権者の代理人として、法廷に立つ事が可能です。

そして最後に、売掛金回収を弁護士に相談する最大のメリットは、債権者の精神的負担が軽減される事です。取引相手に対して回収を迫るのは気が重いものです。業務には直接関係ない部分で、多くの時間もとられてしまいます。弁護士に依頼すれば、第三者が回収処理の一切を引き受けてくれますから、債権者は安心して日常の業務に集中できるのです。

自分で法的手段をとる

債権者があらゆるワザを繰り出しても、債務者が一向に支払いに応じない場合もあります。そのような場合には仕方ありません。法的手段に踏み切りましょう。債権回収の最終目標は「債権を回収する事」、これに尽きます。交渉が長期化し過ぎて損失が膨らんでいく事を速やかに防ぎましょう。

法的手段の中で最も簡単なものが「支払督促」になります。債権者は債務者の住所を管轄する簡易裁判所において、書面で支払督促を申し立てる事ができます。簡易裁判所の書記官は債権者の言い分に従い、債務者に対して「督促状」を送付します。

この時点で債務者が支払いに応じてくれれば債権者として楽なのですが、債務者にも「異議申し立て」の権利があります。債務者は「債権の存在の有無」、「債権額の是非」、「債権の支払い期限」などに対して異議申し立てをする事が可能です。そのため、もし債務者から異議申し立てがあった場合、法的手続きは通常訴訟、つまり「民事裁判」に移行します。

民事裁判に移行すると、債権者が自分で交渉を続ける事は最早困難になります。そのような場合には弁護士に相談しましょう。弁護士に相談すると費用が掛かりますが、相談する事により生じるメリットが数多くあるのです。